加圧シャツ お腹 痛い

加圧シャツを着てお腹が痛い原因とは?

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツを着てお腹が痛くなる原因についてまとめてみました。

 

引き締め効果によるもの

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツには、競泳水着やスポーツウエアでも使われている、スパンデックスという素材が使用されています。競泳水着と言えば、体にぴったり密着しているのをイメージするはずです。

 

加圧シャツはとても伸縮性が優れていて、体の気になるラインを引き締めてくれます。特に、お腹周りはだいぶ引き締めてくれるので、人によってはお腹が引き締められて痛いと感じる場合もあります。これはお腹が鍛えられている証拠で、1週間も続けて着ていると楽になってくるはずです。

 

数日で慣れてくる

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツを着用してお腹が痛くなるのは、初めの3日間くらいです。その期間は体がミシミシと痛いですが、我慢して着続けるのがおすすめです。加圧シャツは初めの3日間が重要な期間で、この期間を頑張って乗り越えると4日目くらいには加圧シャツの効果に慣れてきます。

 

加圧シャツに慣れてきたら、ある程度お腹が引き締められてきたという事になります。鏡で自分の姿を見ると、これから加圧シャツを続けるためのモチベーションの上昇になります。

 

何日経っても苦しい場合は

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

何日も着続けても苦しい場合は、サイズが合っていないのかもしれないです。無理をして着ていても、効果が薄くなってしまいます。もう一度自分のサイズとサイズ表を確認してから、購入をするのが効果的です。

加圧シャツを着た時のあせもを防ぐ予防法

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツを着た時のあせもを防ぐ予防法についてまとめてみました。

 

ゴシゴシ洗わない

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツを着ていると、あせもが出来る事があります。そして、加圧シャツを着て汗を掻いている場合に、あせも予防としてボディーソープで洗い流したいと考える人もいますが逆効果になる場合もあります。なぜなら、洗い流し過ぎると皮膚バリアが弱ってしまうからです。

 

この状態で次の日また次の日に加圧シャツを着ると、皮膚が負けてあせもが出来る可能性が高くなります。

 

通気性・吸水性が良いものを着る

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツのほとんどは、通気性が良く吸収性の良い素材や生地が配合されています。しかし、加圧シャツによっては、きつい箇所とゆるい箇所、締め付ける箇所、生地が薄い箇所とそれぞれ特徴があります。この影響から、同じような構成でも汗を掻きやすかったり掻きにくかったり差が出てきます。

 

なので、その中でも特に通気性や吸収性の良い加圧シャツを選んで着用すると良いでしょう。

 

汗を拭く

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

汗を掻いたら直ぐに拭き取り、汗が詰まると皮膚にダメージを与えてしまい炎症を起こしてあせもになってしまうため、汗を掻いたら直ぐに拭き取るのは大事なことです。そして、拭く時には優しく行い、強く擦ると皮膚を痛めてしまって意味がなくなります。

 

また、汗を掻いたらベビーパウダーをはたくと肌をサラッとさせてくれます。

 

空調の効いた場所で着る

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

なるべく空調が整っている場所で加圧シャツを着用するのも、あせも予防になります。そうすると汗を掻きにくくなるため、特に夏場には空調が効いている場所での着用がおすすめです。

加圧シャツを着てかゆい時の予防法

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツを着ると肌がかゆくなる時がありますが、それは肌が乾燥している可能性があります。加圧シャツは、乾燥している肌を守る力が高くないので、その状態でかゆいからと掻いてしまうと余計に肌が荒れてしまいます。肌が荒れるとそのせいでまた肌がかゆくなり、その無限ループに陥ります。

 

乾燥対策を行う

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

痒くなるのを防ぐには、肌の乾燥対策を行うのが一番です。加圧シャツを着ると、普通に生活を送っているだけで運動効果は高くなります。ですが、汗を掻きやすくなり、汗が蒸発する時に一緒に肌に必要な水分まで持っていかれてしまいます。

 

肌に必要な水分がなくなると肌は乾燥します。そのため、加圧シャツを着ていると肌が乾燥しやすくなるのです。乾燥しやすくなる事を少しでも防ぐには、加圧シャツを選ぶ時に少しでも吸水性の高いものを選ぶ必要があります。

 

吸水性の高い加圧シャツでしっかりと給水さえしていけば、その分だけ肌の水分が持っていかれる可能性が少なくなります。

 

長時間着用しない

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツを長時間着用しない事も、痒みの予防になります。加圧シャツを長時間着用すると、その分だけ汗や皮脂等が加圧シャツにどんどん吸収される事になります。その結果、雑菌の餌になり、雑菌が増えると肌がかゆくなります。

 

これを避けるためには、雑菌を増やさないように長時間加圧シャツを着用しない事です。

加圧シャツのデメリットとメリット

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツのデメリットとメリットを紹介します。

 

デメリット

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツのデメリットは、汗を掻きやすくなる事です。加圧シャツは、着用するとカロリーを消費するため、汗はどうしても掻いてしまいます。また、妊娠中はお腹を引き締める事は危険になるので、妊娠中や生理中は加圧シャツを使用するのはおすすめ出来ないです。

 

メリット

 

加圧シャツ,お腹,痛い

 

加圧シャツのメリットは、体幹が矯正されて悪い姿勢を改善できます。1回猫背になってしまうと、正しい姿勢を意識をしていても、時間が経つと猫背になってしまいます。ですが、加圧シャツを着用すると、背筋が伸びて猫背の改善に繋がります。

 

また、加圧シャツは着るだけでムキムキになる事は難しいですが、加圧シャツを着て筋トレを行うと、負荷が増して効率良く筋肉を付ける事が出来ます。

 

加圧シャツを着ると、お腹に圧がかかって普段の食事の量で満腹感が十分味わう事が出来ます。それにより、自然と食欲が抑えられて、摂取カロリーを落とせます。加圧シャツを着ると、上半身が引き締められるので、身体をシェイプアップ出来ます。

 

また、インナーマッスル効果で体幹も鍛えられ、体幹を鍛えられると基礎代謝量が上がります。脂肪燃焼力が上がって自然と痩せやすい身体に出来ます。

阿修羅圧(アシュラーツ)加圧シャツのお申し込みはこちら!ブヨブヨのメタボ腹がコンプレックスの方、細マッチョに憧れる方は、トップページで阿修羅圧(アシュラーツ)加圧シャツの詳細をチェックしてみてください。